選べる種類

サービスを利用

 外付けhddの内部には、2.5インチか3.5インチの磁気ディスク式のhddが用いられています。 外付けhddの利用方法としては、記憶容量の大きさ面での優位性から3.5インチの磁気ディスク式のハードディスクが搭載された外付けhddを利用します。 一方、ノートパソコンなどのような携帯型端末の外付けhddとして用いられるのは、薄型で小型に設計されている2.5インチ磁気ディスク式のハードディスクが搭載された外付けhddが用いられます。 外付けタイプに限らず、ハードディスクに代表されるデータ記録装置において、データの読み書き等ができなくなるなどの不具合が発生する場合があります。 この場合、記録情報はそのまま記録媒体に保持されている場合が多いため、データ復旧用ツールなどを利用して記録媒体から情報を読み出します。

 最近のパソコンの基本OSには、情報の復旧を目的とした機能が標準搭載されています。そこで、万一パソコンの基本OS等に不具合がおきた場合にはそちらの機能を利用して情報を復旧させます。 また、現在のパソコンではUSBポートを経由したOS起動をすることができます。そこで、万一パソコンなどの基本OSに不具合が発生てパソコンが立ち上がらなくなった場合には、外部記憶装置やDVDドライブなどによって基本OSを起動させることができます。また、この状態でパソコン本体のドライブにアクセスし、ハードディスクの動作確認を行って問題の検証を行うことも可能です。 ただし、記録媒体のデータ修復は非常に高度なスキルが求められます。そのためトラブル等によるデータ復旧が必要な状況になった場合には、専門業者に復旧依頼するのが得策です。