直せる範囲

重ねたディスク

hddが故障した場合、個人で専用ソフトを使用してデータ復旧を行う方法と、専門業者に依頼して修理してもらう方法との2通りがあります。 専用ソフトを使用する場合は、専用ソフトの料金である5千から1万円程度の費用が掛かり、業者に依頼するより安く済みます。 しかし、専用ソフトでは軽度の論理障害にしか対応しておらず、重度の論理障害や物理障害では、専門業者に依頼するしかありません。 専門業者への依頼する場合の料金は、hddの故障原因によって料金が異なります。 軽度の論理障害では3万円から6万円程で、障害が重いとそれ以上の値段になります。 物理障害の修理費用は軽度の障害の場合では、6万円から10万円程掛かり、これも障害が重いとそれ以上の費用が掛かります。 hddの故障を業者に修理すると費用が高くつきますが、その分データ復旧率が高く安全なので、企業を中心に利用されています。

昔は、今ほどパソコンの知識が詳しい人が少ない為、hddの修理をできる人が限られていました。 その為、hddの故障を、修理できる専門業者に企業が依頼し、企業を相手に専門業者は活躍していました。 現代では、企業・個人を問わず多くの人々の間でパソコンが利用され、私たちの生活に広く浸透したこともあって、企業だけでなく個人からの修理の依頼も増えています。 最近では、外付けのhddが安く、大容量のものが販売され、個人の間で使用されていることもあって、個人からの外付けhddの修理依頼が増えています。 また、hdd以外にもUSBメモリやメモリーカードなど、様々な情報機器の依頼が増えてきており、修理業者がますます活躍することが予想されています。